宮本算数教室について。

私の教室では小3からお預かりしています(2018年度からは小2から)。

小2,小3の生徒にはパズルだけを与えます。

パズルは集中力,粘り強さ,数の感覚を養うのにとても適しています。

小4から算数の問題に取り組み始めます。

http://www.gakken.jp/dc/miyamoto/sansu/

この教材は小4,小5のうちの教材を使いやすいように再編集したもので,元々,書籍として出していました。基礎編,応用編それぞれ48冊ずつあります(紙教材も購入可能です。  myamya@pb3.so-net.ne.jpまでお問い合わせください)。

1-3年はパズルだけでいいと思います。

4,5年で賢くなる算数96冊分を消化し,6年生は総合演習を行い、余裕のある生徒は「月刊 中学への算数」(東京出版)をやります。

中学生用の教材もあり,通信で配信しています(myamya@pb3.so-net.ne.jpまでお問い合わせください)。

中学数学のほとんどは中学入試の範囲に含まれていますので,最初の4回で中学数学を終わらせてしまいます。

その後,面白い高校入試問題を4カ月くらいやってから,高校数学に入ります。

高校数学にも中学入試の範囲に含まれるものがたくさんありますので,そこにうまくつなげます。

中学生の間に高校数学を終わらせ,その後は「月刊 大学への数学」(東京出版)をやるといいでしょう。

中学入試問題,大学入試問題の中には面白い問題がたくさんありますので,そういう問題を楽しみながら学力を高めて行くのが健全だと思います。

算数の問題は4種類あります。

  1. やさしくてつまらない。
  2. やさしくて面白い。
  3. 難しくてつまらない。
  4. 難しくて面白い。

上記の賢くなる算数96冊を含めて,今までに180冊以上の本を作っていますが,私は面白い問題しか作りません。

FANTASTIC!

❣️宮本パズル教室❣️

2017年7月29無事終了しました❣️

2回目の8月19 (土曜日)も満員御礼、ご参加誠にありがとうございました。

熱いご要望にお応えして、宮本先生の直接指導が追加決定しました!

1,2,3,4年生の皆さんが一緒に授業を受けることは普段はありません。そして通常授業見学NGですが、今回は特別にクランテテさんだからこそ実現し、保護者の皆さまも集中力全開で、あっという間の90分、ふたコマのレッスンでした。

狭い了見や偏見で子供が成長する機会を奪ってしまう親がいます。しかし、世界は果てしなく広い。子供たちの可能性は無限大です。小さな世界やその価値観に留まらず、広い世界を見ましょう。思考力、忍耐力、見極める力を兼ね備えたらどこまでも強く優しく生きることができる。

ワクワク・ドキドキ・ハラハラ。緊張感のないところに成長はありません。安定と現状維持の先には退屈と腐敗しかない。先日の講演会で先生が伝えたかったこと。挑戦・冒険することの意味と意義についても考えさせられる愛情溢れるレッスンでした。

詳しくは
http://clantete.com/campaign/summer2017_schoolchild.html


開校24周年記念講演会のご案内

無事終了!沢山のご来場誠にありがとうございました!

当日の様子はこちら
2017年7月22日(土曜日)
に中野ZEROホールで開校24周年記念講演会を致します。参加費は無料!詳細はリンクをご参照ください。

開校24周年記念講演会のご案内

算数については直接関係ないかも?と思われても人生について、運命の出逢いについて、何らかのヒントになるかもしれません。お申し込みは必要ですが、無料です?日本にいながら異例の6ヶ月でグリーンカードを取得した宮本哲也。カテゴリーE11はジョン・レノンやオノ・ヨーコ、ノーベル賞受賞者が取得するのと同じ種類です。常識外れの人生観。正直、もしやアインシュタイン?と思わせる奇人変人ぶりは度々仰天しますが、稀に会える天才派。でも影の努力は凄まじい!ぜひお気軽にお越しください。お申し込みはメールにて。

自宅から見える朝日とスカイツリー。

 

【夏休み2017】科学実験やプログラミング教室、学研「STEAM FESTA」

学研グループは、21世紀型スキルを身に付けるための多彩なSTEAM教育プログラム「STEAM FESTA」を7・8月に開催する。おもに小学生を対象に、デザイン思考ワークショップや科学実験教室、プログラミング教室、宮本算数教室を行う。

https://resemom.jp/article/2017/06/23/38842.html

STEAM教育は、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)の総称。STEAM教育プログラムとして、講演会や体験授業、ワークショップを実施する。

創造力を育む探求型学習塾「CURIO SCHOOL」が開発したデザイン思考ワークショップ「音のプロジェクト」を7月31日と8月7日・21日・28日の全4回実施する。開発者である西山恵太氏が、子どもたちの「もっと知りたい」「もっと考えたい」という知的好奇心の種をはぐくむ授業を行う。

科学実験教室「サイエンスFIVE」では、小学1年生から6年生を対象に本格的な科学実験講座を8月4日と9日、25日に開催。ひとりひとりが実験器具を使って学ぶことができる。また、私立中学入試問題の解答力につながる実践的な知識を身に付けられるという。

「発明発見教室」は、知識流動システム研究所の協力のもと、第一線の研究成果を小学生にわかりやすく解き明かす。8月23日には、不思議な生き物「プラナリア」の秘密と「再生医療」の研究をテーマに開催する。

プログラミング教室「マインクラフトプログラミングCAMP」では、ものづくりゲーム「マインクラフト」の世界でコードを入力し、自動でものづくりをするプログラムを作成。3~5人の子どもに1人以上の講師がつき、学研のオリジナル教材を使ってプログラミングを学ぶ。

このほか、宮本算数教室・宮本哲也氏の講演会や、宮本哲也氏が直接指導する「宮本算数教室」の体験授業、幼児~小学生向けの多彩なプログラムを実施する。

◆STEAM FESTA
【宮本算数教室 宮本哲也先生 開校24周年記念講演会】
日時:2017年7月22日(土)10:00~11:30(9:30開場)
会場:中野ZERO小ホール(東京都中野区中野2-9-7)

【宮本算数パズル教室】
日時:2017年7月29日(土)12:00~13:30
会場:クランテテ三田(東京都港区三田1-3-31FORECAST三田3F)

 

INTERVIEW!

Tips from Miyamoto sensei on how to embrace life’s challenges and endeavors. (click on photo for full interview!)

“…math certainly is not just about solving problems. It’s the process of thinking and the learning that occurs during solving problems that make up a unique and rewarding experience. And this is very important because it also applies to life. Life is like climbing a mountain. Your goal is to reach the top of a mountain, and at times, it can get hard but you must keep going and challenging yourself. It can be a painful process, but trust me, this is the part where you’ll experience the most joy, when you get to the top.”