KENKEN® puzzle

Tetsuya Miyamoto, founder of Japan’s most successful math program for elementary school children, as well as the inventor of KenKen® (“wisdom squared”) puzzle featured daily in over 200 newspapers worldwide including the New York Times, LA Times, and The Times (UK).

キャプチャ1
キャプチャ2

早稲田大学 ホームカミング🎓

2017年10月15日は早稲田大学第52回ホームカミングデー。宮本先生が入学した1979年は同じ早稲田大学第一文学部演劇専攻を卒業した10年先輩の村上春樹が「風の歌を聴け」で群像新人賞を受賞し、作家になった年。宮本先生は村上春樹の大ファンで、全てのタイトルを新書、文庫本、単行本、で持ってるほど。昨年56歳で初めて結婚してからガラッと変わった人生観で再び読み返してみると新しい発見が沢山あって面白い❣️、と必ず一冊持ち歩いています。

日本での成功や安定生活を突然2015年に全て捨て、異例の半年でE11グリーンカード取得し、米国で完全に生まれ変わった宮本先生(渡米前に比べマイナス15キロのスリム体型にも変身!)の切り替え力は凄い。大切なものとそうでないものを見極め、取捨選択し、幸せを掴みました。

人はどんな道筋を歩んで来たとしても、いつでも生まれ変われる❣️を地で行く人。

今回、早稲田大学のキャンパスに足を踏み入れたのは卒業以来33年ぶり❣️お誘い頂いた同級生で、入学して初めて口を聞いた、というご友人にとても感謝❣️

October 15th, 2017 marked Waseda University’s 52nd Homecoming Day.  When Miyamoto sensei started studying in 1979, acclaimed author Haruki Murakami became an author with his first novel, “Hear the Wind Sing (1979)” .  They both graduated the same department of Waseda University; School of Humanities and Social Sciences, Theatre and Film Arts course (Murakami is 10 year senior graduate).  Miyamoto sensei is a huge Haruki Murakami fan and has every book ever published.  Since his first time marriage last year at age 56, Miyamoto sensei’s life values has drastically changed and he has totally transformed himself (including his weight loss of 15 kilograms!) after being granted a E-11 green card (same category as John Lennon, Yoko Ono, and Nobel Prize winners; those whom possess extraordinary abilities in the arts, athletics, education or the sciences.) in 2015 when he dropped all his success stories in Japan and suddenly decided to live in the center of the world, Manhattan, NYC.  His dream and mission is to make the world smarter with his invention, the KENKEN puzzles, that it becomes the world standard in primary school mathematics education, because through his 30+ years of teaching experience, he has proven that KENKEN is the one and only fun and addictive puzzle that keeps training your brain to keep on thinking, obtaining perseverance, and the one and only puzzle that leads you to finding your answers without having to ask others; this applies to life and is the key to discovering your own true happiness❣️

本日発売❣️

賢くなるたんていパズル 国語と算数をのばす推理 むずかしい (宮本算数教室の教材)
宮本哲也 国語と算数の力をどちらも伸ばす「宮本算数教室」の教材。推理パズルの問題を謎解き感覚で解けば,思考力・集中力・発想力・ねばり強さが身につく。「むずかしい」を攻略して,パズル名人を目指そう!小学校全学年対応で、低学年から取り組める。

PUZZLE NINJA❣️

Guardianなどのコラムでも知られる、英国人ベストセラー作家Alex Bellos氏の新刊が2017年10月5日イギリスで発売❣️SUPER SENSEIのチャプターでは今年4月20日に東京・中野の宮本算数教室にて先生をインタビューした内容が掲載。昨年56歳で初めて結婚し、やっと人間的になれた⁉️宮本先生の生活ぶりにも触れられていて、面白い。

Puzzle Ninja: Pit Your Wits Against The Japanese Puzzle Masters
by Alex Bellos
Link: http://amzn.eu/cFQ1CWC

「日々、自己ベスト更新!」

Good morning Tokyo❣️

今日明日も宮本算数教室ではワクワク・ドキドキ・ハラハラの授業が行われます。

ホームページのカラー(ターコイスから深紫へ)と背景画(ハワイの海から東京の朝焼けへ)もリニューアル❣️

紫色は「自分の中に大切なものを持ち、必ず成長していこうとする意志」だそうです。

宮本先生のモットーは「日々、自己ベスト更新!」

紫色は「100を求めれたら120やること」を自分に課し、苦しいことが実は嫌いじゃないことを表す、と言われますが、宮本先生は正にそんな人。高いハードルを試行錯誤しながら次々と飛び越えていくのが大好き。今でも自分が作った問題を「うーっむ、難しい!でもこの挑戦と成長がとっても楽しい!」と言いながら解いています。

「損か?得か?早いか?遅いか?」ではなく、

「人としてどうあるべきか。自分は今、何をすべきなのか。どこを目指すのか。日々、何を選択し生きるのか。」

を常に自分に問い続け、「今の生き方は間違っていない。誇りを抱け。」という紫色に込められた意味、そして教室に引き続き足繁く、粘り強く通われて来るお子さんの健やかな成長に願いを込めて❣️

明日からは10月❣️元気に行ってらっしゃい❣️

25歳のとき

「世界一の算数講師になる!」

ことに決めました。

仕事に没頭するようになってから,他人を理解しようと思ったことはありませんし,他人に理解されたいと思ったこともありません。

天職だけは例外で,言葉を交わさなくても生徒の考えていること,感じていることはわかりますし,生徒から影響を受けることもよくありますが,自我に目覚めてから他人の影響を受けたことはほとんどありません。
 でも,Hさんに逢ってすべてが一変しました。
 ……第42回 運命の人(その24)(2016年8月31日~9月28日)より。
続きはメールマガジンにて!

 

 

 

2017年10月06日発売❣️

賢くなるたんていパズル

国語と算数をのばす推理 むずかしい

2017年10月06日学研プラスより発売❣️

国語と算数の力をどちらも伸ばす「宮本算数教室」の教材。推理パズルの問題を謎解き感覚で解けば,思考力・集中力・発想力・ねばり強さが身につく。「むずかしい」を攻略して,パズル名人を目指そう!小学校全学年対応で、低学年から取り組める。

夏期講習終了❣️

以前から宮本算数教室に継続的に通われているお子さん☺️、また初めましてでレベルの高さに衝撃を受けたお子さん😱、夏期講習大変お疲れ様でした。社会に出てから自分よりも圧倒的にレベルの高い仲間がいることを知ることはとても酷ですが、今のうちに衝撃を体験し、逃げずにそれを乗り越えようと諦めないことが大切です。

”勉強は何のためにやるの?それは先生も親も教えてくれない、自分らしく生きるため。自分らしくって?それは思考力、忍耐力、試行錯誤を楽しむ力を付け、自分だけの幸せを発見し、それを掴むこと。そのために算数学習はとても適しています。”

9月以降も宮本算数教室では日々宮本先生が自ら作り出した”面白くてやめられない問題”で追い抜け追い越せの圧倒的な緊張感の中での授業が行われます。

今、何ができて、

何ができないかはそれほど重要ではありません。

今、どの位置にいて、

どこを目指すかが重要です。

”オレはいつも全力で生徒に向けて授業をしているだけ”の宮本先生。今、全く歯が立たなくても、お子さんを信じて一緒に全力でどんどん壁を乗り越えましょう❣️

お問い合わせはこちらまで

📩 myamya@pb3.so-net.ne.jp

1回からでも受け入れています❣️

千葉、埼玉、神奈川、茨城、群馬、栃木から通うお子さん、海外在住一時帰国中に通うお子さんなど様々です。

つい先日、名古屋から通いたいというご相談も❣️

There are no boundries, everybody’s welcome❣️

Keep training your brain to obtain perseverance, never giving up, learn to enjoy trial & error, and it will eventually lead you to discovering your own true happiness❣️The Miyamoto Mathematics Method is the way to overcome the struggles to shine in your own light✨

今、何ができて、

何ができないかはそれほど重要ではありません。

今、どの位置にいて、

どこを目指すかが重要です。